2016年03月12日

【必見! エンタメ特報】「アーロと少年」

恐竜と人間の少年という組み合わせ、さらにテレビCMなどで強調されている「2人の友情」という情報から、本作を鑑賞する前は、映画「ドラえもん のび太の恐竜」におけるのび太とピー助的な感涙ストーリーかと思っていたのだが、これがぜんぜん違っていた。

 本作全体を通したテーマは、主人公アーロの冒険と成長である。アーロはある事故から家族と遠く離れてしまうのだが、家族のもとに戻る旅路の中で様々な経験をする。道中では少年「スポット」との再会や牛追いTレックス一家との出会い、また危険な恐竜たちとの対峙などがあり、これらを通して気弱な少年がたくましい青年になっていく様子が描かれていく。

 アーロの心に深く根ざす恐怖心や、映画冒頭で背負うトラウマに近い悲しみをいかに乗り越え、克服していくかも映画のポイントとなっており、これが精緻に表現された大自然の雄大さと相まって、王道感のある映画となっていた。

 ではスポットは? というと、アーロのペット的な扱いとなっている。仕草は犬そのもの、また喋らないので人間と犬の関係がそのまま当てはめられており、スポットが人間だと思っているとちょっと印象が異なる。

 だがこのスポット、かなり複雑なキャラクターで、最初は野生剥き出しでトウモロコシを食べているだけだし、そればかりかアーロ一家にさらなる打撃を与える引き金ともなっているので、むしろ怒りたくなるようなキャラクターとして描かれる。  

Posted by すーちゃん at 17:46Comments(0)TrackBack(0)