2016年05月04日

【特集】今スグ遊べる『スター・ウォーズ関連ゲーム』

世界的に有名な映画として知られ、ビデオゲームも多く存在している「スター・ウォーズ」。毎年5月4日が、この「スター・ウォーズ」の日だということをご存知でしょうか?作中の有名なセリフ「フォースと共にあらんことを(May the Force be with you)」と5月4日(May 4th)をかけたこの日はGW中の休日とも重なっています。

そこで今回は、筆者が独断で選んだ現在も国内から購入できるオススメ「スター・ウォーズ」ゲーム作品を日本語の有無までまとめて12本紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆  ◆◆◆

■STAR WARS バトルフロント
パブリッシャー:Electronic Arts デベロッパー:EA DICE 日本語:◯
対象機種:PS4/Xbox One/PC 発売日:2015年11月17日


PS4/Xbox Oneなどの現世代機において初となった「スター・ウォーズ」タイトルは、『Battlefield』シリーズなどを開発したEA DICE制作の『STAR WARS バトルフロント』。過去の『バトルフロント』シリーズに比べて、キャンペーンモードがなく、マルチプレイヤーモードとCo-opによるミッションモードしか存在しませんが、リッチなグラフィック、大規模な戦闘、そして映画の中にいるかのような最高の臨場感が感じられる作品です。いまだDLC開発の本作ですが、「スター・ウォーズ」ゲームに迷ったら「とりあえずこれ!」という安心感がありますね。

配信サイト:PS Store/Xbox Store/Origin

■Star Wars:Knights of the Old Republic
パブリッシャー:LucasArts デベロッパー:BioWare、Aspyr (Mac版) 日本語:×
対象機種:PC/Mac/iOS/Android/Xbox 発売日:2003年11月19日(PC版)


『Dragon Age』シリーズや『Mass Effect』シリーズで知られるBiowareが開発した『Star Wars: Knights of the Old Republic』は、映画「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」の数千年前を描いたRPG。プレイヤーはジェダイはもとより、ダークサイドに墜ちて、シスになることも可能。10年以上の前の作品とあって、グラフィックが前時代的ですが、今ではiPhoneやAndroidスマートフォンでも遊べるので、気軽に遊べるのが利点です。ただし、日本語が搭載されていないので、その点は注意です。

配信サイト:Steam/iOS/Android

■STAR WARS Knights of the Old Republic II-The Sith Lords
パブリッシャー:LucasArts デベロッパー:Obsidian、Aspyr(Mac/Linux/Windows Update) 日本語:×
対象機種:PC/Mac/Linux/Xbox 発売日:2005年2月8日(PC版)


上記で紹介した前作からわずか1年半ほどでリリースされた本作は、開発がBiowareからObsidianに移行した続編タイトル。今作でもジェダイのままいるか、ダークサイドに墜ちるか、という分岐があるので、善悪の判断がとても難しいですが、そこが面白い!なお、2004年には本作のXbox版が先に発売されていましたが、こちらをプレイするには中古を探すしか無い状況。Windows/Mac/Linux版であればすぐにプレイできるので、いち早くプレイしたいという人にはPC版がオススメです。

配信サイト:Steam/Mac

■Star Wars: The Old Republic
パブリッシャー:Electronic Arts デベロッパー:Bioware  日本語:×
対象機種:PC 配信日:2011年12月20日


Biowareが開発した本作は従来の『KOTOR』シリーズとは異なるMMORPG。サービス当初は月額課金制でしたが、後に基本プレイ無料のアイテム課金制に移行しています。今作ではジェダイ、シス、バウンティハンターから自分のキャラクターを選択し、自分の思うがままにプレイが可能です。基本無料ですが、拡張パックも複数リリース済み。日本語がないのは残念ですが、プレイ人口もまだまだ多め。日本人が多く集うサーバーもあるようなので、興味がある方は「とりあえず」本作の世界に飛び込んでみてもいいかもしれません。

配信サイト:Origin

■LEGO Star Wars - The Complete Saga
パブリッシャー:LucasArtsほか デベロッパー:TT Games、TT Fusion 日本語:△
対象機種:PC/PS3/Xbox 360/Wiiほか 発売日:2009年11月13日(PC版)


レゴゲーで知られるTT Games開発の本作は、映画における「I~VI」までのエピソードを収録した作品。現状、単体で配信されているのは『LEGO Star Wars III - The Clone Wars』のみ、かつ『Complete Saga」に同梱されているので、こちらの購入をオススメします。また、PC版はSteam/Originどちらも英語版となっており、日本語には非対応。日本語版を楽しみたいのであれば、すでに国内で流通しているPS3/Wii版を購入するしかありませんが、値段が若干高騰しているようです。ちなみに、2016年6月29日には、最新映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」をテーマにした『LEGO STAR WARS: The Force Awakens』が発売予定となっています。  

Posted by すーちゃん at 15:00Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース