2017年12月26日

『Star Trek: Bridge Crew』

ユービーアイソフトは、ドラマ「スター・トレック」をテーマにしたVRヘッドセット向けシミュレーション『Star Trek: Bridge Crew』のPC版をWinMRヘッドセット及び、非VR環境へ対応させるパッチをリリースしています。

同作は、ブレイヤーが惑星連邦の宇宙艦“U.S.S. Aegis”の、艦長、操舵手、参謀、エンジニアからなるブリッジクルーの1名となり、他のクルーと協力して困難を突破、未知の宙域「The Trench」にて故郷を失ったバルカン星人の新たな故郷を探索する旅を繰り広げるシミュレーションゲーム。

ミッションの過程では、スキャンデータの分析をしたり、敵のシールドをハッキングして敵艦の弱点を探ったりと、「スター・トレック」劇中さながらの様々な行動を繰り広げることになります。また、マルチプレイではVR/非VRのクロスプレイにも対応しており、最大4名のプレイヤーで協力して「スター・トレック」の雰囲気を存分に味わうことが可能です。

本作は数多くのファンを持つ「スター・トレック」の新作ゲームタイトルであっただけに、導入敷居の高いVRヘッドセットがなくてもプレイできるようになったのには非常に嬉しいファンも多いのではないでしょうか。

『Star Trek: Bridge Crew』は、Steamにて6,480円で販売中。ホリデーセール期間中は50%引きの3,240円で購入することができます。なお、本作は英語版ながら国内PS4向けにも販売中です。


この記事へのトラックバックURL

http://skkiridiary.fukuokablog.jp/t13264
上の画像に書かれている文字を入力して下さい